アキュムレーター


 緩衝機のこと。ポンプの往復運動で繰り出される流体がとぎれて流出ないよう、連続流とするために設けられた、空気タンクのこと。

 コンピューターでは、緩衝レジスター(値数器)のこと。

 例えば、コンピューターに、「A、B、C」3者の身長データを高い順に並べる処理をさせるとき、「A」をCPU自身に、メモリーに格納されている「B」と比べ、高い方を残すし一方削除すると、「C」と比べる方を確定できない。「A、B」のどちらかをか別のレジスターに残し、それぞれ、別に2者と比べ、一方を空いたレジスターに残す。このような処理をプログラムせねばならない。このレジスターをアキュムレーターという。