ディスプレイ

 

 表現。パフォーマンスとは違う。「オレがボスだぜ。」と丸太やらを乱暴に引きずり回して、暴れてみせるゴリラやチンパンジーの威嚇動作がディスプレイで、表現の能力、手段、工夫の効果、効率がパフォーマンス。「パフォーマンスを見せる」は誤っていて、ディスプレイを見せる過程、方法、効果がパフォーマンス。くどいが、パフォーマンスという言葉もPCではよく使用される。

 コンピューターでは、随時視覚出力装置全部をさす。だから、出力装置であるプリンター(印刷機)は違う。発光ダイオードの点滅や昔の電卓の液晶もメーター類もディスプレイ。

 現代では「ディスプレは13.5インチの大画面」などというキャッチを耳にするが、画面だけがディスプレイではない。しかし、事実上、液晶画面表示装置をディスプレイと呼んでいる。