ドラッグ・アンド・ドロップ

 一般に、「選択」し、「移動」させることを「GUI」では、マウスこの動作で実現できる。CUI(CLI)によるOSでは、これをコマンド入力操作が行う。

 マウスによる操作で、アイコン上へマウスポインター(矢印)を置き、左クリックのまま画面を移動することを「ドラッグ」、移動した所で、左クリックを解除する。これが「ドロップ」

 ファイルやフォルダーは移動され、元の位置にはない。ただし、ドライブ間を移動した場合は、コピーが移動する。

 同一ドライブ上で、コピーを残したいときは、右クリックで行える。