イメージバーン(img burn



 有名で安全なフリーソフト。

 これは、PC内やメディアに保存されているデータをフォーマットへコピーするのではなく、そこに書き込まれているデータを加工することなく、コピ-するソフトウエア

 例えば、Windowsでコピー作業をすると、Windowsが認識できるフォーマットで書き込まれたデータしか読めない。windows98頃のPCでは、CDーROMを読むプログラム、つまり、CDドライブからCD-ROMを読むためのドライバーソフトは、OSインストールされるまでは、持っていなかった。だから、別にインストールディスクを読むための「起動ディスク」があった。そのプログラムフロッピーディスクで与えられたため、このディスクを初めに読み込んで、Windowsインストールした。

 では、フロッピーディスクドライバーソフトは?

 これは、当時のPCは持っていた。

 イメージバーンを使用すると、ISO規格で記録されているデータをそのまま無加工で読み取り、ファイルを作ってそこに格納するか、ブランクCDへ書き込める。このためのアプリケーション

 ISO規格のデータは、「ISOイメージ」と呼ばれ、現代のPCには、初めから、最低限、これを読むことができるように作られている。ぬらりひょんPC以上であれば、問題ない。むしろ、ISOイメージを読めないPCはさすがに駆逐されている。

 もう一つ大事なこと。「著作権」である。市販コンテンツ、たとえば、音楽CDとかを複製することは、殆ど、禁じられている。だから、イメージバーンでその行為をしても、「オー・ノー!」と、女性の声で、失敗を教えてくれる。「ダメよ。」と知らせてくれるらしい。「保護」が施されたコンテンツは失敗するように作られている。成功失敗の問題でなく、違法。