スマホ スマートホン タブレットコンピューター



 携帯端末のこと。昔もあった。当時は「ハンドヘルドコンピューター」と呼んでいて、カッコよかった。シャープの「ザウルス」が有名。スマートホンの走りは、PHSから始まっている。公衆通信回線の整備が進み、携帯電話会社がキャリア(通信回線提供者)となっている割合の方が多い。

 スマホはタブレット型コンピューターディスプレイを小型とし、キャリアとの契約がなされるが、「電話」機能は、そのスマホにインストールされている「電話」というアプリケーションが動いているだけ。だから、折り畳み式従来型携帯の方が、通話確達性が高い。

 タブレット型コンピューターをタブレットPC呼ぶ傾向があるが、PCの方に別の意味をもつので、ここでは、タブレットコンピューターとする。

 PCとタブレットコンピューターの決定的な違いは、「ルート権限(ディレクトリの最上位:Windowsの言うadministrator:管理者にあたる」があるかないかであったが、Windows8の出現で一変した。このことにより、タブレットコンピューターPCの明確な線引きは消滅している。